引っ越しのための情報を掲載!

引っ越し博士

引っ越しの基本知識

引越しの際に運んでもらえない可能性のあるものとは

投稿日:

標準引越運送約款の第四条に、引越しで運送を拒否できる荷物についての規定があります。

条文を引用すると、一項では現金、有価証券、宝石貴金属、預金通帳、キャッシュカード、印鑑等の携帯することができる貴重品が指定されています。

二項では火薬類その他の危険品、不潔な物品等他の荷物に損害を及ぼす恐れのあるものが指定されています。

三項では動植物、ピアノ、美術品、骨董品等運送に当たって特殊な管理を要するものが指定されています。

これらの荷物は、引越しの際に運んでもらえない可能性があります。ただし、絶対に運ぶことができないのかといえば、そうではありません。あくまで受け取りを拒否する権利があるというだけで、業者によっては運送を引き受けてくれるところもあります。

ただし、その際には別途で費用がかかってきたり、あるいは保険に加入させたり、もしくは補償に制限がかかるという場合もあります。

その辺りの規定は業者によって差異がありますので、もしも運送拒否できる荷物の中で運んでもらいたいものがあるのならば、直接業者に問い合わせた方が良いと言えるでしょう。

さらに、約款の第十六条には、荷物が危険品等他の荷物に損害を及ぼすおそれのあるものであることを運送の途上で知ったときは、荷物の取り卸しその他運送上の損害を防止するための処分をします、という規定があります。

危険品を隠し立てて積み込んだ場合、道中で発覚すると処分される可能性がありますので、必ず事前に相談するようにしましょう。

-引っ越しの基本知識

Copyright© 引っ越し博士 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.