引っ越しのための情報を掲載!

引っ越し博士

引っ越しの基本知識

標準引越運送約款の中身をさらっとでも良いから知っておけ!

投稿日:

標準引越運送約款とは、引越し業者と依頼者とのトラブルを防ぐために作られた規則のことを言います。通常、見積もり書の裏側に記載されていますが、説明されないことも多いので、約款の内容から要点を抜粋します。

見積もりには料金が発生しませんが、下見にかかった費用は請求されることがあります。但し、事前に請求する下見の費用を伝えておく必要があります。

現金や証券、貴金属やキャッシュカードの貴重品、火薬や灯油などの危険物、腐食物、動植物、ピアノ、美術品、骨董品など、特殊な管理が必要になる荷物は運送を断っても良いことになっています。

引越しの前日に解約をした場合は引越し料金の10%、引越しの当日に解約した場合は引越し料金の20%を請求することができます。

荷物の破損や紛失についての責任は引越し業者にありますが、その場合は三か月以内に通知をしなければ賠償請求をすることはできず、また不可抗力による事故での損失に関しては引越し業者が責任を問われることはありません。

上記の抜粋は約款の中のごく一部のものなので、余計なトラブルを避けるため、また自身が損をしないためにも、最初から最後まで一度は約款に目を通しておくべきであると言えるでしょう。

さらに、業者独自の約款を作成し、それが認可されて適用されている場合もありますので、何度か引越しを経験して約款を知っている人でも、新たな引越し業者を利用する場合は必ず約款を確認するようにしましょう。

-引っ越しの基本知識

Copyright© 引っ越し博士 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.