引っ越しのための情報を掲載!

引っ越し博士

引っ越しの基本知識

大型家電の荷造り

投稿日:

引越しの際に私たち依頼者が出来るもっとも重要な作業が荷造りです。荷造りから引越し業者に依頼することも可能ではありますが、そうすると引越しにかかる費用がかなり高くなってしまいますし、転居後の荷物の管理を楽にするという意味でも荷造りぐらいは自分たちでやってしまった方が良いです。

また、小さな物から荷造りを始めてしまうとなかなか進まないという事態に陥りかねないので、まずは大きな家電などから荷造りをすると良いでしょう。電化製品の中でもっとも大きなものと言えば冷蔵庫です。

冷蔵庫は、できれば前日には中身を全て処分し、電源を切って霜取りをしておいた方が良いでしょう。作業の際に水が漏れてくると作業が進みにくくなります。同様に大型家電の代表である洗濯機も、付属の説明書の手順に従って水抜きをしておくようにします。

ストーブやヒーターは、必ず石油や灯油を廃棄しておきましょう。

灯油などの危険物は引越しの荷物として運ぶことが不可能です。さらに、念のため電池も外しておいた方が良いです。忘れがちな箇所なので念入りに確認しておきます。

テレビやコンポなどのオーディオ機器に関しては、ケーブルを取り外してまとめておき、次に出すときにわかりやすいように目印をつけておくと良いです。

エアコンの取り外しに関しては、別料金で引き受けてくれる引越し業者が多いです。エアコンの付け外しは手順を知っていないと難しいので、無理に自分でやらずに委託する方が賢明かもしれません。

-引っ越しの基本知識

Copyright© 引っ越し博士 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.