引っ越しのための情報を掲載!

引っ越し博士

引っ越しの基本知識

特殊な引越しのケース 動植物の運送はどうすればいい?

投稿日:

現在多くの人がペットを飼っているものです、それだけに引越しの際にどのようにしてペットなどの動物を扱うのかと言うことが大きな問題点になります。またペット以外にも大きな観葉植物なども通常の荷物とは違う特別な方法を持って運送しなくてはいけません。こういった動植物の扱いというものも、引越しの際には大きなものとなります。

通常はペットを伴った引越しは、引越し業者のオプションプランに含まれるものであるために、通常の料金とは別にペットを運搬するための料金が必要になります。しかし現状では、ペットの運送そのものが不可能としている引越し業者が多く、仮にペットの運送を取り扱っていたとしても、ペットの種類が限定されていることが多く、引越し業者によるペットの運送というものはあまり効果的なものとはならないという考え方もあるほどです。そういった場合のペットの運送には、ペットの運送を専門に扱っている業者に依頼を行うことになります。犬や猫などのゲージによって運搬される生き物は乗り物酔いの危険があり、水槽で運ばれる金魚や熱帯魚などはアンモニア中毒の危険性のために、引っ越し前の一定期間は餌を与えないようにしておく必要もあります。いづれにしても動物の運送のためには30000から40000円程度の別途料金が必要になります。

植物の運送の際には動物ほど手間のかかるものではありません。比較的小さな観葉植物などであれば、通常の荷物と一緒に運ぶことができるために特別なプランなども必要ありません。ただし庭木などの大きな木を移動させようとなった場合には引越し業者ではなく専門の植木業者に依頼をすることが必要になります。

 

-引っ越しの基本知識

Copyright© 引っ越し博士 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.