引っ越しのための情報を掲載!

引っ越し博士

引っ越しの歴史

平成時代の引越し

投稿日:

平成時代になると、もう皆さんもご存じのように引越し業者が大活躍です。そして、大きな家具や電気製品はもちろん、荷物全ての梱包から荷ほどきまでもオプションでやってもらうこともできますから、お金を出せば何一つ手を出さない引越も可能です。横着物の私などは、それっていいな!と思ってしまいます。

ただ、平成になっての引越しで増えたものがあります。ネットのブロバイダーなどの引越しです。パソコンは使えてもパソコンの取り外しや取り付けはできない人もいます。そして、パソコン他周辺機器は取扱いに非常に神経を使わないと、少しの衝撃で壊れてしまいます。ノートパソコンはもちろん、ディスクトップパソコンも、できれば自分で手に持って運ぶようにした方がいいようです。

その点では、今の学生寮は著しく進化していて、IP 電話の導入し、光ファイバーによるブロードバンドインターネットが利用できる学生寮もあります。これによって、引越しが楽になるばかりでなく、安価な通話料金での電話が可能になるのです。寮によっては、寮内と寮間の通話が内線化されていて無料となっているところまであります。

昔のように2人部屋なんていう寮は皆無でプライバシー重視されて多くが個室です。そして、ミニキッチンやバス・トイレ、机・椅子・ベッド・クローゼット・全自動洗濯機等が完備されているところもあり、石鹸カタカタさせてお銭湯へなんていう姿は見られません。身一つで行けばいいのが現代の学生の引越しです。

もちろん一般の家庭の引越しも、たくさんある引越し業者が至れり尽くせりのサービスを行ってくれますから、大変さのなかにも快適な引越しができるようになっています。

-引っ越しの歴史

Copyright© 引っ越し博士 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.