引っ越しのための情報を掲載!

引っ越し博士

引っ越しの基本知識

引越し業者の作業員とうまくやるには?

投稿日:

初めて顔をあわせる作業員を自宅や新居に入れなければならないのが引越しです。その作業員と上手く付き合う工夫をすることでお互いに気持ちよく作業を進められ、思わぬサービスを受けられることもあります。

最近は髪型などに対する拘りが少なくなり、金髪や坊主頭の作業員も少なくありません。外見で判断されがちですが、作業は丁寧でしっかりしている作業員も多くいます。見た目で眉をひそめてしまうと作業員の士気も下がってしまいますので注意して下さい。

作業前に心づけを渡すことに抵抗のある方には、人数確認をお勧めします。何人の作業員で来ているかを作業前に聞いておくと、作業員に何かしらの期待感が沸いてくるので、少なくとも休憩前の作業には効果があります。休憩中に飲み物や弁当を用意していれば更にその後の作業も捗るでしょう。

汗拭き用や雨天時の対策として自宅に眠っているタオルを渡すのも効果的です。引越し作業は冬場でも汗をかく過酷な作業です。何枚あっても困らないのがタオルです。また、新居では真新しい靴下に履き替えることが義務付けられた業者もあるように、靴下を用意しておくのも喜ばれます。特に新居への入室前に履き替えてもらえれば床や畳が汚れる心配がありません。

あまり喜ばせてばかりでは気が緩んで家具にキズを付けかねませんので、監視の目は光らせておきましょう。気が利いているけど細かい荷主と思わせることが肝心です。また、お茶を出すタイミングやさすが引越しのプロと誉めることも作業員に気持ちよく仕事してもらう秘訣です。

-引っ越しの基本知識

Copyright© 引っ越し博士 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.