引っ越しのための情報を掲載!

引っ越し博士

引っ越しの基本知識

引越し業者の料金のしくみ

投稿日:

引越し料金の交渉をするためには、料金の仕組みを知っておく必要があります。仕組みを知ることで、見積もりがしっかりしている業者かどうかの判断もできるようになります。引越し料金は、基礎運賃と実費、サービス料から構成されています。

国土交通省が定める引越約款に従って決められている基礎運賃が法外な業者はありません。4時間か8時間という規定の時間を1時間上回る毎に超過料金が発生する時間制と、規定の100kmを超える距離に応じて料金が追加される距離制を併用しています。軽貨物事業者の場合には、基礎時間が2時間か8時間、基礎距離が30kmになっています。

引越し作業員全員分の人件費、梱包資材費、運搬中の有料道路の通行料などが実費に含まれます。作業員の人数は、引越しの規模に応じて2~3人、3~5人など分けられています。有料道路の通行料は、片道分を荷主が負担するのが一般的です。フェリーを利用した場合の料金は、全て荷主の負担になります。遠隔地へ訪問して見積もりした場合には、その交通費が含まれることもあります。

サービス料には、エアコンの取り付け・取り外し、ピアノや自動車・バイクの運搬、不用品の処分、ハウスクリーニングサービスなどがあります。業者が自社で対応するか、提携業者に依頼しているかによって料金に大きな違いが出ます。金額だけでなく、その内容も確認しておくようにしてください。

中には、禁じられている手付金や内金を請求する業者があります。絶対に支払ってはいけません。注意してください。

-引っ越しの基本知識

Copyright© 引っ越し博士 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.