引っ越しのための情報を掲載!

引っ越し博士

引っ越し時のトラブル

引っ越しのキャンセル、どうする?どうなる? に答えます!

投稿日:

引越しで意外と多い業者とのトラブル、よくよく話しを聞けば、どっちもどっちと思える失敗談もあれば、これは聞き捨てならない深刻な問題まで多種多様あります。

そもそも引越し業者の運営は、国土交通省で定められた標準引越運送約款に基づいて行われているものなので、きちんと法律を守って運営していれば、さほど困る事は起きないはずです。それ以外はユーザーのマナーの問題になってきます。

よく耳にするトラブルの一つにキャンセルの問題があります。

通常、こちらから一方的にキャンセルをした場合、キャンセル料を支払う義務が生じるケースもあります。通常の例でいえば、引越し当日2日前までならキャンセル料は不要、前日は1割、当日は2割のキャンセル料を請求されます。これは運賃にかかってくる料金です。

業者も商売でやっているわけでして、人件費や燃費、運賃などの経費をかけてユーザーのために動くわけですから、こうした事柄は常識として念頭に入れておくべきです。

また最初に連絡したときにも、業者はキャンセルした場合の取り扱いについては、きちんと説明をしているはずです。もし説明がないなら、こちらから確認をとっておくべきでしょう。逆に業者側の過失でキャンセル問題が発生する事もあります。

実際におきた例です。

キャンセルしたはずの引越し業者が当日に、突然やってきたというケースです。こちらとしてはきちんとキャンセルの連絡を正規にしたはずなのに、「聞いていない」との運転手の一点ばり、会社に確認をとってもらったら、確かにきゃんセルされていたが、運転手にきちんと連絡が届いていなかったのです。明らかに業者側のミスです。

しかし問題はそれ以前に、運転手の横柄な態度にありました。すぐに会社に連絡を入れてもらえれば、わかることなのに、ユーザーの声に耳を素直に傾けない姿勢は問題です。

一人の態度の悪いスタッフのために、その会社のイメージダウンに繋がるだけではなく、こちらも不快になりますね。

ちなみにキャンセルだけではなく、引越しの日時変更も、2日前には連絡しておくことも、ユーザーとしてのマナーです。

さらに注意して欲しい点が一点。業者の中には、梱包材無料サービスを行っているところもあります。

大半は契約と同時にプレゼントされるのですが、その後でキャンセルした場合、仮に早めに連絡を入れたとしても、梱包材経費を払わされる事もあるようです。こうした事がないために、引越しの計画は綿密にし、極力キャンセルは避けた方が、自分が嫌な思いをせずに済むはずです。

-引っ越し時のトラブル

Copyright© 引っ越し博士 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.