引っ越しのための情報を掲載!

引っ越し博士

引っ越しの基本知識

引っ越しの挨拶にもっていく粗品はどういったものがいい?

投稿日:

国民のほとんどの人が、引越しのあいさつは必要と考えているようです。昔から引き継がれてきた慣習には、それなりに大事な意味を持っているものが多いものです。

お互いに相和していくためにも、この引越しのあいさつという素敵な風習を、ぜひこれからも末永く守っていきたいですね。

とはいいつつ、挨拶だけで、手ぶらで行ってもいいものか、予算はどれくらいで用意したら良いのか、迷うところですね。挨拶の粗品にも、相場というのがちゃんとあるようです。おおよそ500円~1000円程度が一般的な金額です。

生活の負担にならず、相手にも必要以上に恐縮させないようにするために、ほどほどの路線といったところですね。

1000円程度で購入出来るものといえば、タオル、石けん、クッキー、その他日用品で役にたちそうなもので良いと思います。避けた方が良いのは生ものです。運悪く留守がちな人だったら、かえって迷惑になりますし、あまりにかさばるようなものも、じゃまな荷物になるだけですので、これもいやがられてしまうかもしれません。

もっとも大家さんには、若干良いものを差し上げるのはいいかもしれませんが、かといって、あまり懲りすぎると、かえって嫌みにとられてしまうかもしれません。

さらにのしをつけてお渡しすれば、見栄えもいいし、名前も覚えてもらえるし、一石二鳥の効果をだせます。

これが社宅への転居となると、顔見知りの方々ばかりになるので、可能なら全棟に粗品持参で挨拶回りをしておいた方が、後後安心できます。留守がちな家には、挨拶状を添えてポストに投函しておけばいいでしょう。

-引っ越しの基本知識

Copyright© 引っ越し博士 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.