引っ越しのための情報を掲載!

引っ越し博士

引っ越しの基本知識

引っ越し時の掃除、自分でやるか業者に頼むか。それぞれの特徴は?

投稿日:

荷造りと同時にぜひ、しておきたいのは旧居と新居のお掃除です。特に旧居が賃貸であるなら、オーナーや不動産会社への礼儀をつくし、そこで良い関係を築いておくことで敷金に若干の影響を与えるかもしれません。

むろん、賃貸住宅おかかえの業者がいて、クリーニングや補修は行われます。実は原状回復責任というのが賃貸にはあり、入居前の状態に戻してお返しする義務が入居者に課せられているのです。

もしも古さからくる傷ではなく、自分たちで傷つけてしまっている壁や柱があるなら、引越し前に可能な範囲で補修しておけば、差し引かれる敷金の額も若干安くなる可能性があります。結果的には掃除しておいた方が自分たちにとっても得なのです。

もちろん掃除は義務ではないし法的な規制もありません。新居への入室は管理会社やオーナーとの契約の関係上、簡単ではないかもしれませんが、もし入室できそうなら、ぜひ荷物を運び入れる前に、家の埃を払っておくことで、気持ちよく入室できるでしょう。

今はホームセンターに行けば、専門~趣味レベルまで補修材がいろいろそろっています。どうしても仕事などの都合で掃除のひまがないからハウスクリーニング会社に依頼するという手もあります。

シーズン中だと、割引キャンペーンをしている会社もたまにあるので、そういうところを捜して依頼すれば、コスト削減につながります。インターネットで、おおよそのクリーニング相場や評判の良いクリーニング業者を簡単に見つけることができます。

-引っ越しの基本知識

Copyright© 引っ越し博士 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.