引っ越しのための情報を掲載!

引っ越し博士

引っ越しの基本知識

業者に頼まず自分で引越しする際の注意点

投稿日:

これだけ引越しの業社が増えて、価格も手ごろな値段が打ち出されていても引越しの業社には頼らずに自分の力で引越しを行うと言う人もおられると思います。そのような人は業者が行ってくれる作業や準備を自分で行う必要があります。はじめに運搬用のトラックが必要です。

自家用でお持ちの場合はそれを使用されれば構いませんが、自家用でトラックを所有していない場合はレンタカーや知人に車を借りる必要があります。レンタルの時間は半日は見ておいたほうがいいと思います。レンタカーの予約が済んだら次は荷造りです。

引越し業社だと引越し用の厚手のダンボールを支給してくれますが、当然これも自分で用意しないといけません。コーナンなどで購入するかスーパーなどでタダで集めてくる必要があります。しかしスーパーのダンボールは大きさもバラバラで厚さも薄い為引越しにはあまりむいていません。荷造りがすんだら引越しです。

車を借りてきて荷物を積んで新居に運びます。新居がマンションの場合は壁や通路に保護シートをはりマンションに傷が付かないように施す必要があります。新居が戸建ての場合は自分が壁の傷などに対して気にしないのならば保護する必要はありません。

しかしキッチンが二階とかの場合、近年の住宅の階段のスペースだと最新の冷蔵庫などは幅が広くて階段からの搬入ができません。このような場合は吊り上げによってベランダなどから搬入をするのですが、この時点で一人での引越しは不可能です。

このような場合は知人か家族に手伝ってもらい作業をするのですが、この時にできる傷などは全て自己責任でおこなう必要があります。あまりメリットが感じられず大変な作業に思えますが、自分で引越しをされる方はこの内容を知っておくといいと思います。

-引っ越しの基本知識

Copyright© 引っ越し博士 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.